ベトナム、国営企業の開放加速 株式会社化で民間投資拡大 (1/2ページ)

2013.12.31 06:10

ベトナムの商都ホーチミンにある国営ビエティン銀行の支店。同国は国営企業の民間開放を加速する方針だ(ブルームバーグ)

ベトナムの商都ホーチミンにある国営ビエティン銀行の支店。同国は国営企業の民間開放を加速する方針だ(ブルームバーグ)【拡大】

 ベトナムは国営企業の民間開放を加速する方針だ。同国のグエン・タン・ズン首相は経済改革を推進するため、2014~15年に約500社の国営企業を株式会社化し、20年までには国営企業の株式会社化計画を完了させる方針を明らかにした。株式会社化し株式を売却するなどして、各企業が手がける事業の民間開放を図る考えだ。国営ベトナム・ニューズなどが報じた。

 ベトナムの国営企業数は1990年の1万2000社から現在は1000社に減少している。同国政府は昨年、93社の国営企業の株式会社化を目標としていたが、実現したのは13社にとどまった。13年は43社に達する見込みだ。

 特に銀行など金融分野での改革が進み、国営銀行6行のうち4行が株式会社化された。さらに今後2年間で株式会社化した4行の政府保有株率を引き下げる予定だ。現在、同国最大級の国営商業銀行ベトコム銀行の政府保有株比率は77%、国営ビエティン銀行は64%となっている。

政府の国営企業改革は不十分で時間もかかり過ぎているとの批判も相次ぐ

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!