東卸とジェトロ、築地市場国際化推進 ベトナムに生鮮水産物を輸出 (1/2ページ)

2014.10.25 05:00

 築地市場最大の水産仲卸業業界団体の東京魚市場卸協同組合(東卸)と日本貿易振興機構(ジェトロ)は24日、築地市場の国際化プロジェクトを本格スタートすると発表した。第1弾として農林水産省の支援も得て、来年1月からベトナム・ホーチミンで生鮮水産物輸出のパイロット事業に取り組む。

 まず千葉県勝浦市や京都府舞鶴市、福岡市の産地と連携し、ブリやイカなど生鮮水産物や加工品を輸出する。

 また、ジェトロを通じてベトナムのレストランのシェフとも連携して現地の嗜好(しこう)に合った魚種を選定し、調理法も指南する。

 パイロット事業を通じて物流面などの課題を洗い出し、将来は旬の魚を通年で供給できる産地連携態勢や、効率的な物流網の構築にもつなげる。

 東卸は、約670社の水産仲卸業者で構成される業界団体。仲卸は、すしねた向け魚の品ぞろえや旬の魚の産地の目利き力、鮮度管理などのノウハウを持つが、今は大手の一部しか水産物を輸出していない。

ブランドの知名度を世界に発信

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。