原油下落 マレーシア自動車販売に追い風

2015.1.23 05:00

 マレーシアは燃料価格の下落などが要因で自動車販売が増加する見通しだ。米調査会社フロスト&サリバンは、今年のマレーシアの自動車販売台数が前年比3.2%増の68万5950台になると予想した。現地紙ニュー・ストレーツ・タイムズなどが報じた。

 同社幹部は、昨年からの世界的な原油価格下落の影響でマレーシア国内でも燃料価格が低下するため、自動車の購買意欲が高まると指摘。「燃費効率に優れた小型車に人気が集まる」と予想した。

 昨年のメーカー別シェアをみると、プロドゥアが33.1%、プロトンが20.1%と、これら地場2強が過半を占めた。プロドゥアは昨年9月発売の小型車「アジア」が販売好調を維持、プロトンも同12月に発売した小型車「アイリス」の販売を本格化させることから、今年もマレーシア市場は地場勢を中心にシェア争いが繰り広げられそうだ。

 日系メーカーでは昨年、ホンダが前年の8.8%から13.0%、トヨタが10.6%から12.3%にシェアを伸ばした。フロスト&サリバンは、国外勢が現地生産を強化すれば、新車販売価格が低下し、さらに競争が活発化するとみている。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。