フィリピン、首都圏へ人口流入 新都市建設進まず 一極集中を懸念 (1/2ページ)

2015.3.9 07:04

 フィリピンは首都への人口流入が続いている。世界銀行が発表した報告書「東アジアの都市変遷」によると、マニラ首都圏の人口は2010年に1650万人に達し、同国2番目の都市であるセブ(150万人)の10倍以上となった。一方で都市部の面積拡大や新都市建設が進展せず、人口の一極集中や過密を懸念する声が上がっている。現地紙マニラ・タイムズなどが報じた。

 同報告書によると、マニラ首都圏を含めたフィリピン全体の都市人口は2000年の1700万人から年平均3.3%増加して10年に2300万人となった。1平方キロ当たりの人口密度は9500人から1万300人となり、同国は韓国に次いで2番目の都市人口過密国となった。

 マニラ首都圏については、10年間の人口増加率が年3.1%だったのに対し、面積が1000平方キロから1300平方キロと年平均の拡大率が2.2%にとどまり、1平方キロ当たりの人口密度が1万1900人から1万3000人となった。同首都圏は10年のフィリピンの都市部面積で56%、都市人口で70%を占めており、一極集中状態が続いている。

世界銀行は、フィリピンの都市の問題点として…

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。