中国、国有企業の合併加速 高速鉄道・原発など輸出競争力を強化 (1/4ページ)

2015.6.20 07:00

中国北車の高速鉄道車両の工場。中国南車との合併で「中国中車」に生まれ変わった=2月、中国河北省(共同)

中国北車の高速鉄道車両の工場。中国南車との合併で「中国中車」に生まれ変わった=2月、中国河北省(共同)【拡大】

  • 中国最大の石油会社、中国石油天然ガス集団のガソリンスタンド。同業他社との合併が検討されている=3月、香港(ブルームバーグ)

 中国が国有企業の合併を加速させている。すでに鉄道車両や原子力企業の再編劇が始まっており、中央政府直轄の国有112社は今後5年以内に約3分の1に当たる40社に集約されるとの見方がある。規模の論理でコスト面などの国際競争力を一気に高め、陸路と海路で中国から欧州まで結ぶ「新シルクロード(一帯一路)構想」の鍵となるインフラ輸出で、中国が主導権を握る狙いがある。さらに改革を断行することで、既得権益層との癒着や独占体質による非効率な経営などを打破し、産業構造を健全化させてウミを出すもくろみもある。

 国際競争力を強化

 中国紙の新京報によると、上海と香港の証券市場で8日に取引が始まった新会社「中国中車」の時価総額は、両市場の合計で1977億ドル(約24兆3000億円)に膨らみ、米ボーイングと欧州エアバスの時価総額の合計を上回った。交通インフラに関わる大型メーカーとして、事業範囲が圧倒的に広い米ゼネラル・エレクトリック(GE)に次ぎ、時価総額で世界2位に躍り出た。

 中国中車は2大国有鉄道車両メーカーの中国南車と中国北車が合併し、1日に発足した。2014年12月、政府の主導で進められた合併協議に合意し、今年4月に中国商務省が承認。中国南車が中国北車を吸収する形で再上場した。

鉄道事業の「世界3強」に対抗

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。