RCEP、年内妥結を断念

2015.11.23 05:00

 東アジア地域包括的経済連携(RCEP)交渉を進める日本や中国、ASEAN加盟各国など16カ国の首脳は22日、当初の目標としていた交渉の年内妥結を断念するとの共同声明をマレーシアの首都クアラルンプールで発表した。共同声明によると、新たな妥結目標を2016年に定めた。ただ、参加国の調整に手間取り、交渉は難航する見通しだ。次回の事務レベル会合は来年2月に開かれる予定。

 交渉はこれまでに、関税をなくす品目の割合を示す貿易自由化率の当初目標水準を原則80%とすることで合意。インドや中国などに例外も設けており、10月に大筋合意した環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)に大きく見劣りする。TPP合意の詳細を検証したい参加国もあり、交渉停滞の要因の一つとなったようだ。

 TPPには、RCEP交渉参加国のうち日本やオーストラリアなど7カ国が参加。巨大経済圏に乗り遅れまいと、韓国やフィリピンなどに加え、インドネシアが参加の意思を表明。タイも関心を示していると伝えられている。(クアラルンプール 共同)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。