新型犯罪対策 同一銀行のカード、1人4枚に制限 (1/2ページ)

2016.4.7 05:00

中国の各銀行が発行しているキャッシュカード。デビットカード機能付きは同一銀行で1人4枚までに制限されることになった(中国新聞社)

中国の各銀行が発行しているキャッシュカード。デビットカード機能付きは同一銀行で1人4枚までに制限されることになった(中国新聞社)【拡大】

 公安機関による電子情報ネットワーク新型犯罪取り締まり活動に協力するため、中国銀行業監督管理委員会(銀監会)は先月中旬、「銀行業の電子情報ネットワーク新型犯罪取り締まり関連業務に関する通知」を下達。実名制管理や銀行カード発行枚数の制限を厳しく行うことを定めた。

 2015年まで、国内の一部の銀行では「同一顧客のデビット(機能を持つ)カードの発行枚数は最大で10枚とする」と規定されていた。だが今年に入り、デビットカード(同機能を持つキャッシュカードを含む)の発行は原則として1人4枚までに制限されている。

 銀監会は銀行や金融機関に対して、すでに4枚以上のデビットカードを保有する顧客の調査を行い、カード発行が本人の意思に反して行われた場合はサービスを停止し、適切に処理することを求めている。

 本紙(新京報)が複数の商業銀行に取材したところ、この規定は今年1月からすでに各行で実施されており、同一銀行のカードをすでに4枚以上保有している顧客に対しては新しいカードを発行していない。

 中国工商銀行、中国農業銀行、中国銀行、中国建設銀行、交通銀行では、使用していないカードの取り消しを顧客に求めている。4枚以上のカード保有者について銀行からの強制的な口座解約はできないため、カードは正常に使用することが可能。だがさらに新しいカードの発行は行わない方針だ。

 また「通知」は、銀行口座の実名登録制を厳格に実施し、デビットカードの数や発行過程を厳しくチェックし、代理発行の過程や代理申請者の情報などを把握するよう求めている。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。