1.2兆円が眠る金鉱山 操業復活に挑む兄弟ら (1/3ページ)

2016.4.14 12:00

閉鎖されたブリブールツィヒト金鉱山の施設=南アフリカ共和国カールトンビル(ブルームバーグ)

閉鎖されたブリブールツィヒト金鉱山の施設=南アフリカ共和国カールトンビル(ブルームバーグ)【拡大】

 ブリブールツィヒト金鉱山は南アフリカ共和国のヨハネスブルクの南西にあり、77年前に設立された。2013年に操業が停止されて以降、同鉱山からは金鉱石以外のほぼ全てが略奪された。

 米ニューヨーク大学卒のバスティアット・ビルジョーン氏(31)と、同大卒でゴールドマン・サックスでインターン勤務経験のある弟のデーン・ビルジョーン氏(28)は、操業停止に追い込まれたこの金鉱山を復活させることを目指している。両氏は同鉱山には900万オンス、現行価格でほぼ110億ドル(約1兆1960億円)相当に上る金が埋蔵されている可能性があると話す。このプロジェクトには南ア鉱山業界の起業家、ピーター・スキート氏が一部出資している。

 経歴から考えると、両氏と共同出資者らにとっては、世界で最も深度があり危険な鉱山地帯の一つである南アの老朽化した金鉱山群よりは、米シリコンバレーの方が居心地が良いかもしれない。ヨハネスブルクのサンデー・タイムズ紙が14年に報じたところによれば、ブリブールツィヒト金鉱山は厄介な場所だ。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。