次の金融危機は2018年? 新たな銀行規制 与信さらに難しく (1/2ページ)

2016.4.18 05:00

金融街に向かってロンドン橋を渡る通勤者ら。さまざまな銀行規制の導入を控え、バンカーの試練が続きそうだ(ブルームバーグ)

金融街に向かってロンドン橋を渡る通勤者ら。さまざまな銀行規制の導入を控え、バンカーの試練が続きそうだ(ブルームバーグ)【拡大】

 次の金融危機がいつ起きるか予知しようとする人々は、リマインダーを2018年1月1日にセットしておくべきだ。

 多くの新たな銀行規制の施行がこの日予定されているが、金融機関の貸し出し能力がさらに制限されることで最も良質な借り手だけに資金を振り向ける動きが促され、世界的に破綻が加速する恐れもある。しかし他の金融規制の例に漏れず、施行日よりも早く影響が表れることになりそうだ。

 ◆経済縮小の引き金

 バーゼル銀行監督委員会が定めるレバレッジ基準と、国際会計基準審議会(IASB)が決定した国際会計基準(IFRS)第9号(「金融商品」)という2つの重要なルールが18年に適用開始となる。内部の独自基準によるリスク評価の停止を銀行に義務付ける別の規制の導入も来年から始まる。

 国際銀行資本規制「バーゼル3」は、グローバル市場での流動性低下と与信の伸びの鈍化を招いた元凶として、これまでも批判を浴びてきた。IFRS第9号を例に取ると、予想される信用損失を早期に認識することが求められるため、一部のクレジットアナリストによれば、銀行によっては不良資産への分類が最大で30%余り増えることもあり得る。不良資産が増えれば資本要件が厳しくなるが、これは貸し出しコストの上昇を意味し、与信が一層難しくなる。

 金融機関はデリバティブ(金融派生商品)の取引相手のリスクを内部モデルによって評価することが17年以降できなくなり、18年には証券化商品に対象が拡大される。さらに施行日は確定していないが、ローン顧客についてもバーゼル銀行監督委が定めた基準に基づいて評価を行うことがやがて義務付けられる。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。