米雇用、埋もれた警戒信号 「派遣」減少傾向 景気悪化の引き金 (1/3ページ)

2016.4.21 05:00

 2016年の米経済は月々の雇用者の伸びが20万人を超えている米雇用市場の強さを引き合いに安泰と楽観的な見方がある。半面、雇用統計のヘッドラインの下に埋もれがちなデータに目を向けると、そこには勢いを失いつつある労働市場の姿が垣間見られる。

 過去2回のリセッション(景気後退)の前にピークを付けた雇用統計に含まれる一時派遣労働者数が、いま頭打ちになろうとしているからだ。また、米連邦準備制度理事会(FRB)のエコノミストらが設計し、イエレン議長が注視する労働市場情勢指数も、2009年以降で初めて3カ月連続で下げている。

 人材紹介会社エクスプレス・エンプロイメント・プロフェッショナルズのボブ・ファンク最高経営責任者(CEO)は、景気悪化の兆候が表面化すると真っ先に切られるのは派遣労働者だとして、「この業界は常にリセッションの最前線に立たされる」と述べた。

雇用者数全体が増加している半面、一時派遣労働者は…

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。