スタンド消える? 寝ている間にスマホで給油 ベンチャー続々、消防局は規制へ (1/4ページ)

2016.5.30 06:45

 ガソリンスタンドを過去の遺物にすることを目指し、スマートフォンのアプリをタップするだけでいつでもどこでも車に給油しておいてくれるサービスが続々と登場している。

 スタンド消える?

 新興企業のフィルド(Filld)、ウィーフューエル(WeFuel)、ヨシ(Yoshi)、パープル(Purple)、ブースター・フューエルズ(Booster Fuels)は、すでにカリフォルニア州のサンフランシスコ、ロサンゼルス、パロアルト、テネシー州ナッシュビル、ジョージア州アトランタなどの都市でこの種のサービスを展開中だ。しかし市当局者の中には、大量のガソリンを積んだトラックが市街地を走り回ることについて安全上の懸念を示す者もいる。

 1年半前に創業し、シリコンバレーで数千の顧客にサービスを提供するフィルドは、5月からサンフランシスコにサービスを拡大。3台のガソリン配達トラックを配備している。同社のクリス・オーブション最高経営責任者(CEO)はある月曜日の朝、324ガロン(約1200リットル)のガソリンを搭載したフォードのピックアップトラックF250を慎重に運転していた。荷台にはガソリンのほかに、ポンプ、消火器2基、こぼれたガソリンを吸収させるための石灰が入ったバケツ、オレンジ色の三角コーン2つ、領収書出力用のプリンターなどが積まれている。

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。