ベネズエラ、米州機構と対立 「大統領罷免支持」声明受け混乱拍車も (1/2ページ)

2016.6.2 05:00

集まった民衆に花を投げるベネズエラのマドゥロ大統領=5月24日、カラカス(AP)

集まった民衆に花を投げるベネズエラのマドゥロ大統領=5月24日、カラカス(AP)【拡大】

 経済危機のベネズエラのマドゥロ大統領と南北アメリカ大陸各国で構成する米州機構(OAS)のルイス・アルマグロ事務総長との対立が先鋭化している。同国の経済、政治の混乱に拍車をかけかねない情勢だ。

 両氏は数カ月にわたり互いを批判し合っていたが、事務総長が5月31日、マドゥロ大統領罷免についての国民投票を支持したことを受け、対立が一段と激化した。OASは民主憲章を発動し、10~20日に開催する常設理事会で、ベネズエラの政治的状況の検討を行うとの声明を出した。OASは事務総長が署名した132ページにわたる同国についての報告書をまとめ、年内にマドゥロ大統領の罷免を問う国民投票を行うことと、政治犯を釈放することを求めていた。

 事務総長は2週間前、マドゥロ大統領から「内通者」「CIAの諜報員」と非難されたことに反発。「マドゥロ大統領は仮のイデオロギーで国民を欺いている」と責め立てた。

 これに対し、マドゥロ大統領は5月31日にカラカスで開かれた会合で、OASの行動を非難し、事務総長が米国からの干渉を誘発していると主張。「私は世界の少数独裁政治家やその操り人形の攻撃対象になっている。しかし、われわれはこの戦いに勝つつもりだ」と述べた。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。