米高級品業界、苦境追い打ち 英離脱で観光客減とドル高懸念 (1/2ページ)

2016.6.29 06:22

ニューヨークのプリンス通りにあるラルフ・ローレンの店舗(ブルームバーグ)
ニューヨークのプリンス通りにあるラルフ・ローレンの店舗(ブルームバーグ)【拡大】

 英国の欧州連合(EU)離脱決定が、米高級ブランド業界に深刻な打撃を与えるとの見方が関連業界の専門家の間で広がっている。米国内では、個人消費の低迷に加えて、消費者のオンライン小売りへのシフト、ショッピングモールの業績不振などの影響で、高級ブランド業界全体が近年、売り上げ不振にあえいでいた。さらに英国のEU離脱が決定したことから、米高級ブランドの苦境に追い打ちをかけることになりそうだ。専門家はその要因として、英国人観光客の減少と、ドル高の影響の2点を挙げている。

 米国商務省旅行観光業担当局のデータによると、昨年米国を訪れた英国人観光客は490万人に達し、国別の観光客数ではカナダとメキシコに次ぐ3位となっている。だが、EU離脱後は米国を訪れる英国人観光客が減少すると懸念されている。

 ブルームバーグ・インテリジェンスのアナリスト、チェン・グラズティス氏は、ラルフ・ローレンやPVHなどの高級アパレル大手は、その売り上げを海外観光客の購買に大きく依存しているため、欧州市場の情勢に影響を直接受けやすいと指摘する。

 一方、ドル高は米高級小売りの海外での売上高を減少させている。米銀ウェルズ・ファーゴのアナリストは、「国際市場の不透明感から、高級品業界の低迷が世界全体に広がっているが、先週の英国EU離脱決定により同業界への逆風はさらに強まる」との見方を示した。

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。