「英離脱の孤立主義を懸念」 北米サミット、自由貿易推進など合意

2016.7.1 05:54

会見するオバマ米大統領(右)とメキシコのペニャニエト大統領(左)、トルドー加首相=6月29日、オタワ(AP)
会見するオバマ米大統領(右)とメキシコのペニャニエト大統領(左)、トルドー加首相=6月29日、オタワ(AP)【拡大】

 米国、メキシコ、カナダの3カ国による北米3カ国首脳会談(サミット)が30日、カナダの首都オタワで開かれ、自由貿易推進や地球温暖化防止に向けた共通目標設定などで合意した。

 3カ国の首脳は会談後の共同記者会見で英国を欧州連合(EU)離脱に走らせた孤立主義が今や米大統領選にも影を落としていると警告した。

 3首脳は、3カ国の国民だけでなく、世界経済に利益をもたらす経済面での結びつきを守る考えを表明した。オバマ米大統領は「われわれは国民のため、国際秩序維持の取り組みを強力に推進している。しかし、貿易の遮断による取り組みではない。そんなことをすれば皆、貧しくなってしまうからだ」と述べた。

 今回のサミットは経済のグロバーリゼーションへの不満が英国民投票でEU離脱派を勢いづかせる一方、米大統領選で自由貿易に反対する論調が高まる中で行われた。記者会見では、環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)からの離脱を表明した米共和党のドナルド・トランプ候補の名前こそ出なかったものの、貿易や移民問題をめぐる発言の多くは同氏を念頭に置いたものだった。(ブルームバーグ Angela Greiling、Josh Wingrove)

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。