「改革サウジ」は金鉱脈 欧米金融、巨額手数料収入狙い集結 (1/3ページ)

2016.7.7 05:00

サウジアラビアの首都リヤドの街並み。原油依存の軽減を目指す同国の動きに商機を見いだし、欧米の投資銀行が集結している(ブルームバーグ)
サウジアラビアの首都リヤドの街並み。原油依存の軽減を目指す同国の動きに商機を見いだし、欧米の投資銀行が集結している(ブルームバーグ)【拡大】

 世界経済が低迷し、英国民投票による欧州連合(EU)離脱決定が今後数カ月にわたる取引形成の阻害要因となる中、世界中の投資銀行の目に有望な投資案件として映る国がある。サウジアラビアだ。財政改革に伴い予想される巨額な手数料収入という“商機”を求め、大鉱脈に成長する公算が大きいサウジでの事業に相次いで参加を表明、人材を送り込んでいる。

 ◆「2兆ドルのIPO」契機

 サウジが注目の的となったきっかけは今年1月。同国政府が国営石油会社のサウジアラムコの新規株式発行(IPO)を検討中と報じられたことだった。投資銀行にとってのビジネスチャンスは評価額2兆ドル(約202兆円)規模とされるIPOだけではない。財政強化を目的とした膨大な国有資産の売却と原油依存の軽減を目指す同国は、最大150億ドル規模の起債も計画している。

 アトランティック・エクイティーズ(ロンドン)の銀行アナリスト、クリストファー・ウィーラー氏は「サウジは銀行の投資リストの上位にある。現時点でこれ以上の案件が他にあるだろうか」と話す。米調査会社フリーマン・アンド・カンパニーによれば、今年1~5月期にサウジが銀行に支払った手数料は約1億ドルと、前年同期比約3倍に増加した。これは投資銀行の米国や欧州での収入に比べるとほんのわずかだが、多様化に向けたサウジ経済の取り組みは始まったばかりだ。

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。