タオバオ村、1300カ所突破 84万人の雇用創出 (1/2ページ)

2016.12.8 05:00

「淘宝(タオバオ)村」として知られる村の一つ、河北省石家荘市の北賈村にあるネットショップで働く村人(中国新聞社)
「淘宝(タオバオ)村」として知られる村の一つ、河北省石家荘市の北賈村にあるネットショップで働く村人(中国新聞社)【拡大】

 阿里巴巴集団(アリババ・グループ・ホールディング)傘下の阿里研究院と阿里新郷村(農村)研究センターが共同で発表した「中国淘宝(タオバオ)村研究報告(2016)」によると、全国の(ネットショップの経営が集中している)タオバオ村は今年8月末現在で、18省・直轄市・自治区に1311カ所と、初めて1000カ所の大台に乗った。(村より大きな行政単位にある)タオバオ鎮は135カ所だった。タオバオ村の出現で、少なくとも84万人の雇用が生まれたとみられるという。

 タオバオ村とは(1)経営場所が農村地区にある村(2)電子商取引(EC)の取引額が合わせて年1000万元(約1億6550万円)以上(3)活発な取引を行っているネットショップが100軒以上、もしくは村の世帯数の10%以上-と定義される。

 今回の報告で、タオバオ村が多い省級行政区は上から順に浙江省、広東省、江蘇省。タオバオ鎮の数でもこの3省がトップ3を占めた。

 今年初めてタオバオ村が出現したのは安徽省、四川省、遼寧省などで、東北地域では初めてとなった。

 暫定的な統計によると、16年8月末までの1年間で、全国のタオバオ村でTシャツを買った人は4700万人超、玩具は1600万人超、サングラスは350万人超、フェースパックは290万人超、リュックサックは730万人超だった。

 また、立ち乗り電動二輪車やラテンダンスの衣装、粉ミルク調合器などの一部の新興商品は、個別の販売額が1000万元を超えるものもあった。

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。