「ミスター日銀」の金融政策最前線 (2/6ページ)

2016.12.24 05:00

11月22日の参議院財政金融委員会で、黒田総裁(左)の隣に座る雨宮理事(ブルームバーグ)
11月22日の参議院財政金融委員会で、黒田総裁(左)の隣に座る雨宮理事(ブルームバーグ)【拡大】

 経済学を生かそうと日銀に入行。今では9人の政策委員以外で最も影響力のある筆頭理事として、企画局のほか、日々の金融市場調節を担う金融市場局など中枢部署を束ねる。

 本田氏は10月のインタビューで、雨宮氏について「非常に有能な人物だ。プレゼンテーションがとてもうまいし、いろいろな戦略を立てるのが上手だ」と評価。「非常に筋の通った方のようにお見受けしている」と語った。

 複数の関係者によると、政治家との折衝で前面に出る機会が多い霞が関の官庁と異なり、狭い付き合いにとどまりがちな日銀関係者の中で雨宮氏の人脈の広さは突出している。黒田総裁誕生までマネーの量を重視するリフレ派と距離を置く同僚が多かったが、そういった学者とも積極的にパイプを築いてきた。

 円高論者だった故速水優氏、コミュニケーション上手だった福井俊彦氏、リーマン・ショックの対応に追われた白川方明氏、異次元緩和の黒田氏。個性の異なる歴代総裁に仕えてきた雨宮氏の持ち味は柔軟性だ。本田氏によれば、金融政策に対する姿勢が黒田総裁と対極にあった白川前総裁の任期中から、アベノミクスのベースになるような考え方をすでに雨宮氏は議論していたという。

 もっとも、東大の宇沢ゼミで同級生だった一橋大学の深尾京司教授は「マネタリストではないと思う」と語る。雨宮氏は全ての理論を相対的に見ており、どの理論にも一長一短があると考えているため特定の理論に偏らず、「その状況に応じて適宜変わるのではないか」という。

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。