サウジ、さらなる減産検討 OPEC、合意80%達成する可能性 (2/2ページ)

2017.1.14 05:00

12日、アブダビで開かれた大西洋評議会グローバル・エネルギー・フォーラムに出席したサウジアラビアのファリハ・エネルギー産業鉱物資源相(前列中央)(AP)
12日、アブダビで開かれた大西洋評議会グローバル・エネルギー・フォーラムに出席したサウジアラビアのファリハ・エネルギー産業鉱物資源相(前列中央)(AP)【拡大】

 バルキンドOPEC事務総長も同フォーラムで、5月の総会では7月以降も減産を続けるかを話し合うことになるとの意見を述べた。同氏は世界の原油在庫は今年の第2四半期までに減少し始めると予想している。

 1月1日に始まった協調減産は6カ月間続く予定。同フォーラムに出席したアラブ首長国連邦(UAE)のマズルーイ・エネルギー相は、石油市場は6カ月以内に均衡を取り戻すとの見方を示し、減産の継続について判断を下すのは時期尚早と主張した。

 22日にはOPEC加盟国とロシアなどの非加盟の主要産油国が、減産合意の順守状況を確認する会合を開く予定だ。

 英エネルギーコンサルタント会社エナジー・アスペクトの予想では、世界の原油在庫は今年、日量70万バレル減少する。同社は報告書で、OPECは減産合意を約80%達成する可能性が高く、「これまでの平均66%の達成率よりも高い」と評価した。一方、市場の見方に関しては「減産合意の順守に非常に懐疑的」とまとめた。(ブルームバーグ Mahmoud Habboush、Anthony DiPaola)

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。