グーグル、自動車部門で相次ぐ人材流出 統一報酬導入で高額報酬受け取れず… (1/2ページ)

2017.2.15 05:23

米グーグルが開発中の自動運転車=2016年6月30日、パリ(ブルームバーグ)
米グーグルが開発中の自動運転車=2016年6月30日、パリ(ブルームバーグ)【拡大】

 米グーグルの自動車プロジェクトから人材流出が相次いでいる。責任者の交代や戦略上の疑問、起業の夢、ライバル会社による自動運転技術専門家の引き抜きが背景にあるが、他にも要因がある。それは多額のお金だ。

 草創期からのスタッフは異例の報酬システムの下、プロジェクトの価値に基づいて特大サイズの報酬を受け取っていた。2015年の遅い時期までには、報酬拡大で複数のベテランメンバーが雇用保障は必要ないと考えるほどになり、他の機会に目を向けることに一段と前向きになったと事情に詳しい複数の関係者は話した。

 昨年12月、自動車部門はウェイモと称する独立事業に転換。関係者によれば、全ての従業員を同一に扱う統一的な報酬体系に置き換えたという。

 異例の報酬制度は10年、グーグルによる自動運転車プロジェクトの発表直後にスタート。従業員の報酬はグーグルの広告収入よりも同プロジェクトのパフォーマンスに連動させるものだった。商業サービスを通じて自動運転車を一般に提供するというプロジェクトの最終目標の実現は数年先でも、主要な節目に達すれば報酬支給が膨らんだことが問題の一端だった。

 こうした報酬の支給がアルファベットにとってどれだけの負担となったかは不明。ポラット最高財務責任者(CFO)が16年初め、業績をめぐりアナリストと行った電話会議の記録では、15年10~12月期(第4四半期)の営業費用が14%増加したのは「その他投資部門でのプロジェクトの節目達成に伴う費用など、主な要因は研究開発費だ」と説明している。

自動車部門からの人材流出は16年に増加

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。