【飛び立つミャンマー】高橋昭雄東大教授の農村見聞録(41) (1/3ページ)

2017.3.10 05:00

2015年2月8日、五日市が開かれていたコンジャンの町。コーカン人、パラウン人、ビルマ人、中国人らでにぎわっていた(筆者撮影)
2015年2月8日、五日市が開かれていたコンジャンの町。コーカン人、パラウン人、ビルマ人、中国人らでにぎわっていた(筆者撮影)【拡大】

  • 内戦の火蓋が切られた翌9日、町から人影が消えた=ミャンマー・コーカン自治区(筆者撮影)

 ■コーカン内戦に巻き込まれて(上)

 あれから丸2年が過ぎた。2015年2月23日、ミャンマー国軍のヘリコプターで私はシャン州ラーショーの国軍基地に降り立った。内戦のど真ん中から、命からがら脱出してきたのである。

 2月9日、コーカン人(民族)で組織されるミャンマー民族民主同盟軍(MNDAA)が、同じコーカン人で構成されるコーカン自治区政府に対して武装蜂起し、その後ろ盾となっているミャンマー国軍との間で戦闘が始まった。私はその日、シャン州北東部、中国と国境を接する同自治区コンジャン郡の山中で農村調査中だった。今回と次回は、この戦乱の地に図らずも取り残されたために、ミャンマーの内戦を内側から見ることになった経験を振り返ってみる。

 ◆調査中に戦闘開始

 15年2月2日に初めてコーカン自治区を訪れた私は、翌日からマンロー、チンサイタン、チサンの各村の社会経済調査を行った(15年5月1日付「農村見聞録(25)」参照)。

 8日、現地で農村開発プロジェクトに携わる吉田実さんと合流し、さらに奥地のコンジャン郡に移動した。その時には、たまたま私が訪ねたこれらの村が内戦の激戦地の一つになるとは思いもよらなかった。ゲリラたちは私が立ち去るのをごく近くで監視していたに違いない。

 翌9日、コンジャンの町からさらに山を分け入ったチャーティーモーという村に私はいた。最初に訪ねた家では、四輪駆動車2台と乗用車1台が車庫に納まっていた。大邸宅の屋根にはソーラーパネルが張られ、シャワールームでは大きな孔雀(くじゃく)が飼われていた。なぜ、こんな山奥にこんな金持ちがいるのだろうか。私はがぜん興味がわき、その所得源を根掘り葉掘り聞くことにした。

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。