【飛び立つミャンマー】高橋昭雄東大教授の農村見聞録(43) (1/3ページ)

2017.5.19 05:00

焼畑地の中に点在する棚田群。写真上部の町は、チン州の州都ハカ町=2005年12月、ミャンマー・フニャーロン村(筆者撮影)
焼畑地の中に点在する棚田群。写真上部の町は、チン州の州都ハカ町=2005年12月、ミャンマー・フニャーロン村(筆者撮影)【拡大】

 ■チン州の焼畑農民、マレーシアへ

 ラカイン州北部からのロヒンギャ難民の大量流出で、東南アジア諸国連合(ASEAN)の中でもムスリム(イスラム教徒)が特に多いインドネシアおよびマレーシアとミャンマーとの関係がぎくしゃくしている。マレーシアのナジブ・ラザク首相は、ロヒンギャ迫害に対する抗議集会に参加するなど、ミャンマー政府に対する批判を強め、2016年12月6日からミャンマー政府はマレーシアへの労働者派遣を停止している。

 最近でこそミャンマーからマレーシアへのロヒンギャ難民の大量流入が注目を集めているが、14年末の国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)の統計によると、13万9000人のミャンマー難民のうち、チン人(民族)が5万620人と、ロヒンギャの4万70人を上回っていた。また同年に実施されたミャンマーのセンサスによると、チン州の人口は48万ほどで、総人口5000万の0.9%にすぎないのに対し、マレーシアに居住するミャンマー出身者30万人中、チン州出身者は2万7000人と9%もいる。先の難民数と合計すると、14年時点でマレーシアにいるミャンマー出身者44万人中7万7000人(18%)がチン人だということになる。

 こうした人口流出は今に始まったことではなく、軍政期の1995年頃から続いている。今回は大量の人口を押し出すチン州の生業構造をみていこう。

 ◆ばらばらの部族

 チン州はミャンマーの北西部に位置し、険しい山岳地帯がその大部分を占める。チン民族は31の語族に大別されるが、谷を一つ隔てれば言葉が通じないこともあるという。こうしたばらばらの山地部族が、独立後の行政区画や自治をめぐる内戦の中で、徐々にチン人(民族)となっていったと考えられている。

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。