【飛び立つミャンマー】高橋昭雄東大教授の農村見聞録(44) (1/3ページ)

2017.5.26 05:00

焼畑のために草木を伐採する農民。人手が足りないときは労働者を雇うかフローブンという交換労働を行うが、火入れの1日を除き、村を挙げてのいわゆる共同作業は一切ない=2004年12月、ミャンマー・チン州ハカ郡ゾークワ村(筆者撮影)
焼畑のために草木を伐採する農民。人手が足りないときは労働者を雇うかフローブンという交換労働を行うが、火入れの1日を除き、村を挙げてのいわゆる共同作業は一切ない=2004年12月、ミャンマー・チン州ハカ郡ゾークワ村(筆者撮影)【拡大】

 ■チン州からの土地所有史論再考

 土地所有史の一般理論によると、人類社会の最初の社会経済構成体は氏族であり、生産手段としての土地は私的に所有されず、未発達な共同的生産に照応して共同体的に所有されていた。これが原始共産制である。

 やがて生産力の発展に伴い、共有地から私有地に転換される部分が徐々に増加し、歴史は奴隷制さらには封建制へと進む。そして最終的には共同体的土地所有は完全に解体して、自由な私的土地所有に基づく資本主義に至る。

 土地所有史は完全なる共有に始まり、私有がこれを次第に侵食し、終には完全なる私有に行きつく、というわけである。だが歴史は本当にそのように進んだのだろうか。

 ◆相続権の優先順位

 2004年から2年間にわたり筆者が調査した、インドの国境に近いチン州では、今も多くの村々で焼畑が行われている。

 ST村では2年耕作して18年休閑する。村の草分けにつながる家系だけが最初に耕地を選ぶ権利がある。もともとは男子すべてがその権利を相続できたが、今では長男のみが相続している。その他の家系に属する世帯はその余りを分けられて焼畑を行う。

 ZK村では3年耕作して10年休閑する。1970年ころに比べると休閑期間が半減した。そのころまでは世帯ごとに焼畑の範囲が決まっていて、そこを移動していたが、人口増とともに移動可能地が減少し、村の共有地として各戸の耕作地はくじ引きで決めることになった。

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。