アマゾン、まず倉庫自動化 買収のホールフーズに先進技術導入 (1/2ページ)

 米アマゾン・コムが137億ドル(約1兆5344億円)で自然食品スーパーマーケットチェーンのホールフーズ・マーケットを買収する計画が発表された16日、ホールフーズのジョン・マッケイ最高経営責任者(CEO)は従業員にアマゾンの技術的なイノベーションについて熱心に語りかけていた。

 タウンホールミーティングの記録によると、同CEOは「われわれは先見の明を持つ企業に加わる。イノベーションの多くを店舗に取り入れることになると思う。多くのテクノロジーを目の当たりにするだろうし、ホールフーズが飛躍的に進化するのを皆さんが自分の目で確かめることになると考えている」と話した。

 アマゾンによる買収をめぐる大きな疑問は、ホールフーズの従業員にとってアマゾンのテクノロジーがどのような意味を持つかだ。彼らの仕事は奪われてしまうのだろうか。

 真っ先に変化が表れるのは、消費者の目に入ることはない倉庫になりそうだと専門家らは語る。

 ロサンゼルスの非営利組織で、小売業者やブランドのイノベーションを支援するセンター・フォー・アドバンシング・リテール・アンド・テクノロジーのゲーリー・ホーキンスCEOは、まず雇用に影響が及ぶ可能性があるのは倉庫であることを示していると話す。アマゾンが物流の自動化を目指す中、レジの仕事は当面無事だろう。

労務コストを減らすためロボットと自動化を活用か

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。