仮想通貨活用に広がり マイナンバーのポイント管理に導入へ

 マイナンバーカードを、民間企業のポイントを合算できるポイントカードとして使う地域経済活性化策で、ポイントの安全管理のため、政府が仮想通貨の基盤となる次世代技術「ブロックチェーン」の導入を検討していることが21日、分かった。利用者の保有ポイント数などの情報を、来年度から全国の複数のサーバーで共有し、改竄(かいざん)を防ぐ。

 この施策は、自治体が住民サービスの一環として発行している「自治体ポイント」に、日本航空や全日本空輸、NTTドコモのほか、JCBや三井住友カードなど大手クレジットカード会社を含む12社のポイントを合算できるようにするもの。地方の商店街やインターネットを通した名産品購入に充てられるようにして、“眠っている”ポイントを地域経済の振興に役立てたい考えだ。

 ブロックチェーンは電子的な情報を記録する仕組みで、所有者の移転や決済状況、残高を記録することで、モノとしては存在しない仮想通貨の運営を可能にする。複数のサーバーで情報を分散して保存するため、一部のサーバーがダウンしたり、攻撃を受けても相互チェックによる復旧が可能。記録の消失や改竄に強い。

 地域経済活性化策は9月下旬に始まるが、利用者が増えてくると、改竄やシステム停止で正しいデータが失われた時の影響が極めて大きくなるため、ブロックチェーンの導入を検討する。自治体の稼働していないサーバーを使えば、コストを抑えられる公算が大きい。

 総務省は21日、ポイント交換に協力する12社の幹部を集めて会合を開催。高市早苗総務相は「地域経済の活性化に加え、マイナンバーカードの普及の起爆剤にもなると思う」と新施策への期待を示した。

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。