【飛び立つミャンマー】高橋昭雄東大教授の農村見聞録(47) (1/3ページ)

ミャンマーに遍在する塊村(住家が不規則な形にかたまった集落)。これを見ると「共同体」を想起しがちだが、内実はそうではない=2013年8月、マンダレー管区域チャウセー郡(筆者撮影)
ミャンマーに遍在する塊村(住家が不規則な形にかたまった集落)。これを見ると「共同体」を想起しがちだが、内実はそうではない=2013年8月、マンダレー管区域チャウセー郡(筆者撮影)【拡大】

 ■日本人は「共同体」を見たがる

 日本人はどうも「村落共同体」(以下、「共同体」)が好きらしい。稲作をしていれば「共同体」、村が生け垣に囲まれていれば「共同体」、といった具合である。最近でも、ミャンマーの村の仏教が「共同体」の宗教であるとか、ミャンマーの古代遺跡が「共同体」であるとか、まったく根拠のない議論が横行している。しかし、ミャンマーの村落は、日本人が見たがる癖がある「共同体」ではない。その論拠を示していくことにしよう。

 ◆村切りと村請

 そもそも「共同体」なるものは、「コミュニティ」とは異なり、歴史貫通的に存在するものではない。超歴史的な共同関係ではなく、一定の歴史的な規定性を持った社会関係である。日本においては、「共同体」としての村(近代の行政村ではなく、旧村、大字、あるいは部落)は近世封建体制下の封建権力による支配に対する対抗と従属の中で形成され、小農維持の組織として、今日に至るまで存続してきた。

 検地による村切りで、村人と居住地と耕地が一体となった村領域が確定し、同時に年貢村請制が導入され、納税は個人ではなく村の共同責任となった。これに伴い、用水管理の単位も個人や個別経営ではなく村となった。また、農業生産や日常生活に必要な薪炭、用材、肥料用の落ち葉、家畜の餌、屋根を葺(ふ)くカヤなどを採集する山野も、村を共有(総有)の単位とする入会地となった。

 第二次大戦中から行われてきた米穀の供出および1970年代からの減反政策に伴う供出量の割当や減反面積の戸別調整は村(旧村、部落)単位で行われた。現在、農地や用水の管理は土地改良区が担っており、個人は「家」→「村」→「土地改良区」という重層的集団に帰属する。村の総有林はまだいろいろなところにある。村切りや村請の残滓(ざんし)は後々まで残ったといえる。

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。