地域活性化の成果は? 大学誘致、経済効果低く苦戦 (1/3ページ)

千葉県銚子市に誘致された千葉科学大
千葉県銚子市に誘致された千葉科学大【拡大】

 若い世代が街に来れば活気が出る-。こんな思いから大学誘致を目指す自治体は多い。だが、18歳人口が減少する局面に入り、大学側も経営のため郊外から都心回帰を進める。誘致によって地域の未来は開けたのか。

 ◆借金で支援

 JR銚子駅から車で約10分。太平洋に臨む埋め立て地に千葉科学大がある。千葉県銚子市が土地を無償で貸与し、補助金77億5000万円を出して2004年4月に開かれた市内で唯一の大学だ。

 今では危機管理や看護など3つの学部があり学生、教職員を合わせると2000人規模。人口6万4000人弱の市には貴重な存在だ。市庁舎には「銚子市と共に歩む大学 千葉科学大学」という垂れ幕もある。効果について越川信一市長は「人口減少のペースが緩やかになった。今は大学との連携に取り組んでいます」と強調する。

 誘致は突然だった。02年7月の市長選で、誘致を公約に掲げる自治省OBが初当選、その翌日には学校法人加計学園(岡山市)の理事長が大学の設置構想を表明する。トップダウンで話は進み8カ月後には市議会が受け入れ、選挙から2年後の春には開学した。

 越川氏は当時、地元の新聞の記者だった。「『年間69億円の経済効果がある』『補助金の半分は県が出してくれる』などのアピールを聞いて、過大とは思ったが、うまくいけばいいという思いもあった」と振り返る。

 銚子復興の起爆剤と期待されたが、現実は違った。13年度の経済効果の試算では、学生の生活費など計23億円しかなかった。当てにしていた県からの支援はなく、立地の補助金のほとんどを市が借金し賄う羽目になる。

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。