ダイソン、EV開発乗り出す 異分野から相次ぎ人材獲得、臆測呼ぶ (2/2ページ)

英空軍で活躍した超音速ジェット戦闘機を展示するダイソン本社のカフェ=英ウィルトシャー州(ブルームバーグ)
英空軍で活躍した超音速ジェット戦闘機を展示するダイソン本社のカフェ=英ウィルトシャー州(ブルームバーグ)【拡大】

 同社はさらに、自律システムと機械学習の専門家を相次いで採用している。いずれも自律運転車の鍵を握る技術だ。昨年11月には米シマンテックでディレクターを務めていたアンドルー・ワトソン氏を機械学習の責任者として採用した。

 米テスラのスポークスマンとしてシリコンバレーで名をはせたリカルド・レイエス氏も既にダイソン入りした。グーグルとユーチューブ、米スクエアで働いた経歴も持つ同氏は今年1月の入社後、「ダイソンが何を準備しているのか、誰にも分からない」と述べている。

 アストンマーティンは電気自動車「ラピッドE」を19年に投入する計画で、40年までに全てのモデルで無公害車を提供する意向だ。(ブルームバーグ Thomas Seal、Alex Webb)

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。