【飛び立つミャンマー】高橋昭雄東大教授の農村見聞録(52) (1/3ページ)

周辺の村々で巻かれ、納入されてきた葉巻の品質をチェックし、束ねて、パッキングする労働者たち。彼女たちの多くも周辺の村から働きに来ている=2017年8月、ミンジャン郡ミンジャン町(筆者撮影)
周辺の村々で巻かれ、納入されてきた葉巻の品質をチェックし、束ねて、パッキングする労働者たち。彼女たちの多くも周辺の村から働きに来ている=2017年8月、ミンジャン郡ミンジャン町(筆者撮影)【拡大】

 ■葉巻の町とタバコの村(上)

 仏教遺跡で有名な景勝地バガンからエーヤーワディ川を60キロメートルほど上ったところにミンジャンという町がある。ミャンマー各所でこの町に言及すると「あのセーボーレイッ(葉巻)とセーユェッジー(葉タバコ)の町だね」という返事が返ってくる。この町を中心とするミンジャン県ミンジャン郡も、バガンやマグエーと同様に乾燥した中央平原の中にある。2017年8月、町中にある葉巻製造所とその周りの村々の社会経済調査を行った。

 ◆木の葉で巻く

 このセーボーレイッ、実はわれわれの知っている葉巻でも紙巻きたばこでもない、ミャンマー特有のものである。セーはタバコ、ボー(ポー)は軽い、レイッは巻く、を意味する。直訳すると「軽い巻きたばこ」になる。セーには薬の意味もあるので、昔はそう考えられていたのだろう。セービンレイッ(重い巻きたばこ)と呼ばれるいわゆる葉巻は、タバコの葉を刻まずにそのまま巻くが、セーボーレイッは葉を刻んで巻く。だが刻んだタバコの葉を紙で巻く紙巻きたばことは異なり、タナペッと呼ばれる木の葉で巻く。その意味ではセーボーレイッもまた「葉巻」と言えるだろう。

続きを読む