【イスラム国(IS)】アフガン首都の情報機関近くで自爆テロ 5人死亡、ISが犯行声明

 アフガニスタンの首都カブールで25日、自爆テロがあり、政府当局者によると少なくとも5人が死亡した。ロイター通信などによると、イスラム教スンニ派過激組織「イスラム国」(IS)が犯行声明を出した。

 爆発はアフガンの情報機関、国家保安局の建物近くで発生した。死者には同局の職員1人も含まれているという。

 カブールでは、ISや反政府武装勢力タリバンによる治安機関を狙ったテロが相次いでおり、アフガン政府は警戒を強めている。(共同)