失業率低下、求人倍率上昇で雇用逼迫、鍵握る賃上げ (2/2ページ)

完全失業率と失業者数など
完全失業率と失業者数など【拡大】

  • 経団連の会合で講演する日銀の黒田総裁=26日午後、東京・大手町

 制度的な後押しも加わって、労使ともに賃上げに前向きだ。連合は30年春闘でベースアップ(ベア)を要求する方針で、要求水準は「2%程度を基準」とし、定期昇給(定昇)相当分と合わせ4%程度の賃上げを求める。経団連も3%程度の賃上げを加盟企業に呼び掛ける考えだ。

 賃金が増え国内総生産(GDP)の約6割を占める個人消費が膨らめば、企業業績は回復する。さらなる賃上げになる「経済の好循環」につながり、政権が目指すデフレ脱却にも近づく。(今井裕治)