中国、北への石油供給続ける訳は 米は圧力強化へ全面禁輸要求 (1/3ページ)

 弾道ミサイルの開発を進める北朝鮮は、今や米国全土が射程圏内だと豪語する。トランプ米大統領は中国に対し厄介な隣国への圧力を強めるよう求めている。国連安全保障理事会が採択した北朝鮮に対する経済制裁決議にも加わった中国の習近平国家主席に対し、トランプ大統領は11月29日の電話会談で、北朝鮮に対する石油全面禁輸に踏み切らなければならない段階になったと告げた。米エネルギー情報局(EIA)によれば、北朝鮮の原油輸入の大半は中国からだが、正確な数量把握は困難だ。中国の通関統計には2013年以降、そうした記載はない。北朝鮮の石油供給をめぐる疑問点を整理する。

 輸出の一部減らす

 (1)中国は北朝鮮への石油輸出を止めたのか

 一部を減らしたにすぎない。北朝鮮が6回目の核実験を9月に強行した後、米国は全面禁輸措置を提案。だが国連安保理での決定はロシアと中国の要請を受け入れ、北朝鮮による石油精製品輸入を年200万バレルに制限するとの決議に落ち着いた。

 (2)なぜ中国はもっと踏み込んだ制裁をしないのか

 中国は北朝鮮に核兵器を放棄させたいと表明しているものの、中国側と資金のやり取りや貿易が行われている北朝鮮国境地帯の安定も望んでいる。中国の国連代表は北朝鮮をめぐり、体制の変更がなく、体制の崩壊もなく、南北統一が加速せず、朝鮮半島の南北を隔てる軍事境界線の北側での軍事展開がないという「4つのノー」を掲げる。厳冬の北朝鮮への石油供給を止めれば、金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長が対米強硬姿勢を一段と強め、軍事衝突が発生したり、そうでなければ体制崩壊につながるような内部の反発を招いたりしかねないと中国は懸念している。人道危機や難民の大量発生、中国国境地帯への米軍展開という可能性もある。「いったん戦争となれば、甚大な被害が生じる。誰も勝者にはなれない」と中国の王毅外相は述べている。

中国は北朝鮮に対して影響力を行使できないのか