発売40年 メルセデス「Gクラス」初の刷新

メルセデスベンツ「Gクラス」(ブルームバーグ)
メルセデスベンツ「Gクラス」(ブルームバーグ)【拡大】

 ドイツのメルセデスベンツは、スポーツ用多目的車(SUV)「Gクラス」を約40年前の発売以来初めて刷新した。同ブランドが取ったアプローチは、「壊れていないなら直すな」というものだ。

 新型Gクラスは、オフロード運転専用モード「Gモード」と大型ディスプレーを搭載しているものの、それらを除けば、スチール製の外装や実用的な内装を中心としたスタイルを維持している。

 また、ガソリンエンジンを搭載し、主にオーストリアのグラーツで製造されているところも変わっていない。

 12万4000ドル(約1340万円)のGクラスの二酸化炭素(CO2)排出量は他のメルセデス車の2倍余りで、同ブランドが環境対応車への移行を目指す中で例外的な存在だ。メルセデスは完全電気自動車(EV)版やハイブリッド車(HV)版を提供する時間的な目標は示していない。

 メルセデスが1970年代後半にGクラスを開発した際、その箱形のデザインとあらゆる地形への対応能力は、兵士や探検家向けを想定していた。しかし、同モデルがSUVブームに伴いメジャーな車になると、その堂々とした存在感や昔に逆戻りしたようなスタイルにより、シルベスター・スタローン氏やキム・カーダシアン氏、ミーガン・フォックス氏らセレブの間で人気になった。売り上げはここ10年間で大幅に増加した。

 メルセデスはデトロイトでのお披露目イベントにカリフォルニア州前知事で映画俳優のアーノルド・シュワルツェネッガー氏を招待。シュワルツェネッガー氏は独ダイムラーのディーター・ツェッチェ最高経営責任者(CEO)に対し、GクラスのEV版の提供を改めて約束するよう求めた。

 ツェッチェCEOは最終的には全てのメルセデス車を電動化する方針を改めて示したものの、詳細については「乞うご期待」と述べるにとどめた。(ブルームバーグ Elisabeth Behrmann、Jamie Butters)