今年の就活生は“超ホワイト志向” 「40歳で年収1000万円」「サビ残はイヤ」 (2/3ページ)

企業の合同会社説明会「みん就フォーラム」に参加した学生ら=1日午後、東京都中央区(松本健吾撮影)
企業の合同会社説明会「みん就フォーラム」に参加した学生ら=1日午後、東京都中央区(松本健吾撮影)【拡大】

 大企業の賃上げムードを受け、「給与・待遇」を重視する学生が増加。ディスコが毎年行う調査では、就職活動の企業選び(複数回答)において「給与・待遇が良い」ことを軸とする学生は、19.7%(13年卒)から44.2%(19年卒)と大幅アップしている。武井さんによると、「MARCH以上の学歴の生徒からは、『40歳で年収1000万円の企業が前提』という声もよく聞きます」とのこと。

 他にも、今年の就活生のこだわりでは「地域」「残業」「仕事内容」の3つがキーワードになっている。まずは、転勤族になりたくないという学生が増えている。そのため勤務先が一部地域に限定されているエリア総合職や、都市部に集中しているIT企業の人気が高まっている。

 次に、電通社員の過労死事件や働き方改革の認知向上を背景に、「残業」を気に掛ける学生も増えているという。武井さんは「『サビ残(サービス残業)はイヤ』『残業は月40時間までなら』など、残業については具体的な声が届いています。働きやすさを意識する学生は増えています」と話す。また、「仕事内容」についても、営業職は避けたいなどの声が聞かれるという。

 「就活解禁前後の現状では、就活に強気な学生が多いです。ですが、選考が進むに連れて、自分の志望条件は理想が高すぎないかを見直すシーンが出てくるはずなので、3月以降は企業選びにおいても視野が広がるでしょう」(武井さん)

◆メガバン不人気は「今に始まったことではない」

 今年の就活において話題をさらう業界と言えば、メガバンクに始まる金融業界だ。AI導入による業務効率化により、メガバンク3行は今後10年間で計3万人超の人員削減が予想されている。ディスコの19年卒学生モニター調査では、昨年の志望業界トップだった銀行が4位に下がった。これについて武井さんは「今に始まったことではない」という。

不安募る人事