EU、米輸入品に報復関税 Tシャツ、二輪車など3680億円相当

 欧州連合(EU)は、トランプ米大統領が鉄鋼とアルミニウムへの輸入制限を発動した場合、28億ユーロ(約3680億円)相当の米国からの輸入品に報復関税を課す方針だ。Tシャツやウイスキー、二輪車など多様な製品を関税対象とする。

 EUの行政執行機関である欧州委員会が作成した消費財や農産品、鉄鋼など米国からの輸入製品リストをブルームバーグ・ニュースが入手した。欧州委は5日夜、EU加盟各国政府の代表との会合でこの報復措置について協議した。

 リストに含まれる対象製品はシャツやジーンズ、化粧品、他の消費財、二輪車、レジャー用ボートなどで10億ユーロ相当、オレンジジュースやバーボンウイスキー、トウモロコシなど農産品が9億5100万ユーロ相当、鉄鋼とその他の工業製品が8億5400万ユーロ相当。

 トランプ大統領の鉄鋼関税計画には米共和党内からも反対の声が出た。

 大統領は国家安全保障上の問題を理由にしているが、EUは納得していない。(ブルームバーグ Viktoria Dendrinou、Jonathan Stearns)