米国の鉄鋼・アルミ輸入制限、日本も対象に発動 暫定適用除外は7カ国・地域

※画像はイメージです(Getty Images)
※画像はイメージです(Getty Images)【拡大】

 【ワシントン=塩原永久】トランプ米政権は23日午前零時(日本時間23日午後1時)、鉄鋼とアルミニウムの輸入制限措置を発動した。鉄鋼に25%、アルミに10%の関税を課す。暫定的にカナダや欧州連合(EU)など7カ国・地域を適用除外とするが、日本は対象国となり、対米輸出品に関税が適用される。

 トランプ米大統領は商務省の勧告を受け、安価な製品の大量流入を「安全保障上の脅威」と認定。通商拡大法232条に基づく関税適用を決めた。同条の措置発動は1982年のリビア産原油の禁輸以来。

 米通商代表部(USTR)のライトハイザー代表は22日の上院財政委員会での証言で、措置発動段階の適用除外対象としてカナダ、メキシコ、韓国、オーストラリア、EU、アルゼンチン、ブラジルを挙げた。議員の質問に対し、日本は適用除外のリストに「入っていない」と回答した。

 ライトハイザー氏は21日の下院証言で、最終的な適用除外国を「4月末まで」に決定すると述べている。適用除外については、米産業界の要望に応じて、製品別に選定される手続きもある。

 世耕弘成経済産業相は23日の閣議後の記者会見で、対象に日本が含まれたことについて「極めて遺憾だ」と述べた。