「市場開放」 トランプ氏、習発言を称賛 貿易戦争沈静化の可能性

 トランプ米大統領は10日、中国の習近平国家主席が銀行や自動車などの市場を開放すると表明したことを受け、ツイッターで、「関税や自動車障壁に関する丁重な言葉だ」と称賛した。両国間で台頭しつつある貿易戦争を沈静化させる最初の動きとなる可能性がある。

 大統領は「関税や自動車障壁に関する中国の習主席の丁重な言葉に深く感謝する」と述べ、「知的財産と技術移転に関する見識」にも謝意を示し、「われわれは共に大きく前進する」と記した。

 習主席は同日、中国海南省で開催中のボアオ(博鰲)・アジアフォーラムで演説し、「開放の新たな段階」を約束。演説は新政策をほとんど提示しなかったものの、輸入促進や製造業の外資保有制限緩和、知的財産権の保護拡大に向けた提案を確認ないし膨らませた。これらはトランプ大統領が不満を示す中心的な通商問題となっている。

 ホワイトハウスのサンダース大統領報道官は、習主席の演説は「正しい方向に動く極めて良好な兆候だ」と述べた上で、中国からの「具体的な措置や行動を待ちたい」と付け加えた。(ブルームバーグ Justin Sink)