長期金利が上昇、0.035%

 週明け16日の国債市場は、長期金利の指標である新発10年債(350回債、表面利率0.1%)の終値利回りが、前週末より0.005%高い0.035%だった。

 17日に予定されている5年債の入札を控えて、持ち高調整の売り注文が優勢となった。

 大阪取引所10年国債先物の中心限月である6月きりは02銭安の150円87銭。