EU離脱備え「ロンドン大脱出」 金融マン1000人、月内フランクフルト移動

※写真はイメージです(Getty Images)
※写真はイメージです(Getty Images)【拡大】

 金融業界のロビー団体「フランクフルト・マイン・ファイナンス」のマネジングディレクター、フベルトゥス・フェイト氏は20日までに、金融関連企業が、英国の欧州連合(EU)離脱に備えて、月内に1000人余りの人員をフランクフルトに移すとの見通しを明らかにした。

 それによると、銀行は2019年3月までに新しいEU本部を稼働させるため、現地採用を加速させるとともに人員を英国から移している。

 プロフェッショナルサービス企業は銀行の動きを見越して数百人を移動させたという。今後数年間に最大1万人の雇用がフランクフルトに移ると同氏は予想している。

 米ゴールドマン・サックスやモルガン・スタンレーなどが、英国の離脱後にEU域内の顧客にサービスを提供するためフランクフルトに新たなトレーディング拠点の設置を進めており、リスク管理者やコンプライアンス(法令順守)担当者、情報技術専門家など多様な人員を採用している。(ブルームバーグ Gavin Finch)