東京円、109円台後半で取り引き始まる 円売り優勢

 15日午前の東京外国為替市場の円相場は、1ドル=109円台後半で取引が始まった。

 午前9時現在は、前日比24銭円安ドル高の1ドル=109円74~75銭。ユーロは22銭円高ユーロ安の1ユーロ=130円94~95銭。

 米中の貿易摩擦への懸念が後退したことを背景に投資家のリスク回避志向が和らぎ、比較的安全な資産とされる円を売ってドルを買う動きが優勢となった。米長期金利の上昇で、日米金利差の拡大を意識したドル買いも出た。