日経平均続落、米金利上昇で

 16日の東京株式市場の日経平均株価は、前日比87円90銭安の2万2730円12銭と続落して取引が始まった。

 米長期金利が一時、約6年10カ月ぶりの水準まで上昇したことを受け、投資家が警戒感を強め、ニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は9営業日ぶりに下落。東京株式市場の主力株に売りが先行した。

 午前9時15分現在の平均株価は、同73銭03銭安の2万2744円99銭。