GDP、9四半期ぶりマイナス 1~3月期年率0.6%減 内需勢い欠く

野菜価格の高騰などで個人消費が低迷した=東京都新宿区の新宿八百屋
野菜価格の高騰などで個人消費が低迷した=東京都新宿区の新宿八百屋【拡大】

 内閣府が16日発表した2018年1~3月期の国内総生産(GDP、季節調整済み)速報値は、物価変動を除く実質で前期比0.2%減、このペースが1年間続くと仮定した年率換算で0.6%減だった。マイナス成長は9四半期ぶり。個人消費と企業の設備投資が減り、住宅投資が落ち込むなど内需が勢いを欠いた。

 項目別では個人消費が0.001%減と2四半期ぶりのマイナス。スマートフォンや自動車の落ち込みに加え、天候不順による野菜価格の高騰で消費者の節約志向が強まった。住宅投資はアパート建設鈍化などから2.1%減と、3四半期連続のマイナス。設備投資は通信機械の減少が響き、0.1%減と6四半期ぶりのマイナスに転じた。

 輸出は0.6%増で3四半期連続のプラスとなったが、17年10~12月期の2.2%増から勢いは鈍化。輸入は0.3%増で2四半期連続のプラスだった。

 景気実感に近い名目GDPは前期比0.4%減、年率換算で1.5%減で、名目のマイナス成長は6四半期ぶり。17年度の実質GDPは前年度比1.5%増で3年連続プラス。名目は1.6%増の548兆円で過去最高を更新した。