中国カナン、10億ドル規模のIPO申請 仮想通貨の採掘機器世界2位

 仮想通貨ビットコインのマイニング(採掘)機器世界2位、中国のカナン・クリエイティブは、新規株式公開(IPO)計画を申請した。IPOの規模は約10億ドル(約1100億円)に上る可能性がある。関係者が明らかにした。

 関係者によると、カナン・クリエイティブは早ければ7月の香港上場を目指している。同関係者はIPOの規模と時期が未公表だとして匿名を条件に明らかにした。同社の2017年総収入は13億人民元(約225億円)で、利益は3億6100万元と6倍に急増した。親会社でケイマン諸島に本拠を置くカナンが15日に届け出で明らかにした。

 実現すれば、仮想通貨関連企業による香港でのIPO第1号となる。サンフォード・C・バーンスタインの2月のリポートによると、カナンはビットコイン採掘用チップとコンピューター機器で世界市場シェアが約15%と、中国のライバル企業ビットメインに後れを取っている。

 カナンは2013年創業。「アバロン」というブランド名で高速チップを搭載したコンピューター機器を販売している。同社は昨年、人工知能(AI)アプリ用のチップを開発中だと発表した。(ブルームバーグ Crystal Tse、Blake Schmidt)