シェアハウス、17年の市場規模は70.6%増

 中国国家データセンターシェアリング経済研究センターはこのほど「中国シェアリングハウス発展報告2018」を発表した。報告によると17年、国内シェアハウス市場は前年比70.6%増の145億元(約2514億円)で、利用者数は7800万人、主なプラットフォームが有する国内物件は約300万戸、融資総額は同180%増の5億4000万ドル(約595億円)だった。1線都市(大都市)や四川省成都市、重慶市、陝西省西安市など一部の2、3線都市が主な市場。20年までに市場規模は500億元、物件は600万戸、借家人は1億人以上になると予測している。(中国新聞社)