都市部非個人経営部門の年間賃金、10%増

 国家統計局はこのほど、2017年、全国の都市部では非個人経営部門の就業者の平均年間賃金が前年比10%増の7万4318元(約128万8700円)だったと発表した。

 業種別で高かったのは、データ送信・ソフトウエア・データ技術サービス業の13万3150元、金融業の12万2851元、科学研究および技術サービス業の10万7815元。低かったのは農林・畜産・漁業の3万6504元、宿泊・飲食業の4万5751元、住民サービス・修理・その他サービス業の5万552元だった。(中国新聞社)