アマゾン、敵地に調達網 アリババ対抗、中国製品を世界市場で販売 (1/2ページ)

アマゾンがインドに開設した物流・配送拠点。同社は中国で商品供給メーカーを開拓し、グローバル物流体制を構築する計画だ=2017年9月、印南部ハイデラバード(ブルームバーグ)
アマゾンがインドに開設した物流・配送拠点。同社は中国で商品供給メーカーを開拓し、グローバル物流体制を構築する計画だ=2017年9月、印南部ハイデラバード(ブルームバーグ)【拡大】

 米インターネット通販大手アマゾン・コムがライバルの中国・アリババグループの創業の地に乗り込み、新たな競争を挑む。電子商取引(EC)プラットフォームからグローバルな物流事業へと踏み出す取り組みの一環だ。

 400社マッチング

 アマゾンは近くアリババの本拠地である杭州市でイベントを開く。欧米の消費者にエレクトロニクス製品や自動車部品、ホームグッズなどを直接販売することに意欲を示す中国メーカー400社とネットで出品する販売業者を引き合わせることが狙い。業者が2018年の年末商戦に備えて在庫を管理できるよう、アマゾンの担当者が購入トレンドに関する見識を提供する。

 このイベントの狙いはアマゾンの影響力があまり及ばない地域である中国のメーカーとアマゾンの販売業者を直接結び付けることにある。業者が工場から直接商品を調達し、それを他国に出荷することをアマゾンが支援することで、注文が入れば迅速に配達が可能になる。同社は手数料を得る仕組みだ。

 アマゾンは迅速な宅配で米EC市場を制することができた。アリババやイーベイ、ウィッシュなど同業の挑戦を退けるべく、世界的にこれを再現したい考えだ。

 全世界で約1億人の有料会員サービス「プライム」会員を擁するアマゾンは各国で消費者とつながりを持つ最大の商取引プラットフォームの座を目指し、越境型商取引の仕組み作りを進めてきた。力を入れてきたインドや中南米に加え昨年はオーストラリアでも事業を開始。アラブ首長国連邦(UAE)ドバイに拠点を置くスーク・コム買収により中東での足場も築いた。

続きを読む