沖縄・久米島に電子図書館 離島の読書環境整備

 福井照沖縄北方担当相は5日の記者会見で、図書館がない沖縄県久米島町に電子図書館を導入するための実証事業を今秋ごろに開始すると発表した。離島の読書環境を整えるのが狙いで、他の離島にも拡大するか否かの判断材料とする。

 電子図書館は、スマートフォンやタブレット端末を使って書籍を貸し出すシステム。平成30年度は約4100冊を貸し出し可能とする。事業費は約629万円で、うち約503万円を国が補助する。事業期間は3年。