東京都、自動運転技術の実用化探る 実証プロジェクト2件選定

 東京都は、自動運転技術を持つベンチャー企業と運輸事業者とを対象にした自動運転技術の実証プロジェクトに、路線バス会社とタクシー会社による2つの案件を選定した。両プロジェクトとも使い勝手など評価や検証を目的とした実証実験を今秋に都内で実施し、技術の実用化の可能性を探る。

 小田急電鉄系路線バス会社の神奈川中央交通と、自動運転技術を活用した地域交通システムを開発するSBドライブ(東京都港区)は、多摩ニュータウン(多摩市)で自動運転バスを走らせる。AI(人工知能)などを活用し、乗客の姿勢を検知し、転倒事故を未然に防げるかを調べる。

 タクシー会社の日の丸交通(東京都文京区)と、ロボットベンチャーのZMP(同)は、都心部に自動運転タクシーを走らせ、予約や配車、料金決済などの一連の業務が円滑に進むかを検証する。