日経平均、反落で始まる 米中貿易摩擦懸念で

 11日の東京株式市場は、日経平均株価が前日比194円75銭安の2万2002円14銭で寄り付き、反落で始まった。

 米株式市場は堅調に推移した一方、米トランプ政権が中国に対する2000億ドル(約22兆円)相当の追加関税の品目案を公表し、米中貿易摩擦の激化懸念から投資家心理が悪化した。