32基目の「北斗」衛星打ち上げに成功

 中国新聞社によると、中国は北京時間10日午前4時58分(日本時間同5時58分)、西昌衛星打ち上げセンターから運搬ロケット「長征3号A」で32基目の航法衛星「北斗」を打ち上げた。打ち上げは成功した。この衛星は傾斜対地同期軌道(IGSO)で、衛星は軌道に乗り、軌道上でのテストを終えた後、「北斗」衛星航法システムに接続し、利用者により確かなサービスを提供することになっているという。「長征」シリーズの宇宙飛行はこれで280回目とされる。(RP=東京)