米企業、平均2割増益も 4~6月決算スタート 貿易摩擦影響は数カ月後 (3/3ページ)

 7~9月期以降はイールドカーブのフラット化(長短金利差の縮小)や貿易戦争の影響で業績が悪化に転じるリスクさえある。

 エドワード・ジョーンズのアナリスト、ジム・シャナハン氏は「大手金融機関の経営陣の慎重な姿勢は変わらない。法人税改革の後も、設備投資や人材採用に積極姿勢を見せていない。急速にエスカレートしつつある貿易戦争をめぐる懸念と関係している部分が大きい」と述べた。(ブルームバーグ Elena Popina、Michelle F.Davis)